桂離宮観月会の開催について

桂離宮観月会の開催について

令和2年7月27日
宮内庁京都事務所

月波楼殿上から眺めた月

桂離宮は,王朝時代から月の名所として知られていた桂の地に建てられており,「月見台」,「月波楼(げっぱろう)」,「浮月(うきづき)手水鉢(ちょうずばち)」,「月の字の引き手」の名称等,月に関連するものが数多くあります。宮内庁京都事務所では,皇室の伝統や文化への理解をより一層深めることを目的として,月と縁の深い桂離宮において観月会を開催します。

参加を希望される方は,下記によりご応募ください。

1.実施日時
  • (1) 実施日
  •  令和2年10月1日(木) 「中秋の名月」  予備日 翌2日(金)
  • (2)開始時間 (以下の8回。説明は日本語のみ。)
  •  ①午後6時30分 ②午後6時40分 ③午後6時50分 ④午後7時
  •  ⑤午後7時10分 ⑥午後7時20分 ⑦午後7時30分 ⑧午後7時40分
  • (3)所要時間
  •  各回30分程度
  •  ※指定時間毎に10分間隔でご案内します。なお,時間指定のご希望はお受けいたしかねます。
  •  ※夜間に飛び石,石段等のある苑路を歩いていただくことになるので,ご留意願います。
  • 当日は,桂離宮入口で本人確認を受けた後,指定時間毎に1回約8名で職員の案内を受けながら,苑路30分程度を徒歩で回ります。茶室(月波楼)から観月していただきます。
  •  ※雨天時も原則として開催しますが,荒天時は,翌10月2日(金)に延期します。ただし,天候不良により月が見られないことがあります。
2.募集定員

64名

3.募集対象者
  • 18歳以上の方で,桂離宮苑路を付添いなしで歩行できる人。
  • (桂離宮苑内は車椅子での移動はできません。)
  •   ※1応募当たりの申し込み人数は,2名まで
4.参加費

無料(ただし,桂離宮までの交通費等は各自でご負担いただきます。)

5.応募方法

下記の(1)または(2)どちらかの方法により,お申し込みください。

  • (1)インターネット
    • お申し込みはこちらのリンク先から。
    • 8月14日(金) 午後11時59分まで受け付けます。
  • (2)郵便往復はがき
    • 次の事項を記入して,8月14日(金)(当日消印有効)までに郵送してください。
    • ①往信用はがき(表)
    • (あて先)〒602-8611
    • 宮内庁京都事務所 桂離宮観月会担当 あて

    • ②往信用はがき(裏)
    • ■氏名・ふりがな(全員分)
    • ■郵便番号・住所(全員分)
    • ■年齢(全員分:観月会実施日の年齢)
    • ■性別(全員分)
    • ■電話番号(代表者のみ。携帯電話をお持ちの方は携帯番号をお願いします。)
    • ■メールアドレス(メールアドレスをお持ちの方は代表者のみご記入ください。)

    • ③返信用はがき(表)(裏面は,無記入で白紙とする。)
    • (返信先)代表者の郵便番号,住所,氏名

    • ※宮内庁が,参加希望者から収集する個人情報は,「桂離宮観月会」実施のために利用するものであり,他の目的に利用することはありません。
6.応募に当たっての注意事項
  • (1)応募は,1件限りです。(1件当たり2名申し込めます。)
  • (2)応募多数の場合には,抽選を行います。
  • (3)次の場合には,無効といたします。
    • ■ インターネットまたは往復郵便はがき以外での応募。
    • ■ 同じ方の重複応募。
    • ■ 3人以上の応募。
    • ■ 必要事項(住所(全員分必要),年齢(全員分必要)等)の記入漏れ。
    • ■ 時間希望のあるもの。
    • ■ 申込み期限を過ぎたもの。
  • (4)当選後の参加者の変更はできません。
7.参加者の決定及び通知
  • (1)抽選結果(皇宮護衛官の立会の下,厳正に実施します。)は,代表者へメールまたは返信用はがきにより9月上旬頃に通知します。
  • (応募方法により異なります。)
  • (2)当選者には,後日代表者あてに「参加要領」を郵送します。
    8.感染症対策

    新型コロナウイルス感染症対策として,参加者には,マスク着用,手指消毒,検温,参加者相互間の距離の確保等に協力いただくこととしております。

    ※本件に関する問い合わせ先

    宮内庁京都事務所 電話番号:075-211-1211(受付時間 8:30-17:15)


    閉じる