皇居東御苑

皇居東御苑の公開について

ご来園の方は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、次の事項にご協力いただきますようお願いいたします。


【来園にあたって】

①来園前に検温を行ってください。

②37.5℃以上の発熱、咳、全身倦怠感、咽頭痛などの症状のある方は、来園をお控え願います。

③入園にあたり手荷物検査が行われます。手荷物は最小限にするほか、あらかじめ駅等のコインロッカーに預けるなど、混雑緩和にご協力をお願いします。

④園内混雑時には、入園を一時停止させていただきます。


【入園時・入園後について】

①マスク着用は、基本的な感染防止対策として重要です。

他の人の近く(2m未満を目安)で会話をする場合や、屋内施設では、マスク着用をお願いします。

②手洗い及び手指消毒をお願いします。

③密集・密接を避けてご利用願います。

④屋内施設における長時間の滞在はお控え願います。

なお、施設内混雑時には、入室を制限させていただきます。

⑤熱中症予防のため、こまめに水分を補給し、また、屋外で他の人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合にはマスクを外すようお願いします。


平成29年5月16日より、宮内庁参観音声ガイドが配信されました。

皇居東御苑は、旧江戸城の本丸・二の丸・三の丸の一部を宮殿の造営にあわせて皇居附属庭園として整備されたもので、昭和43年(1968)から公開されています。

百人番所
(写真:宮内庁)

平成30年3月27日(火)、開園以来の入園者数が3,000万人に到達し、宮内庁からその時点の入園者に記念品を贈呈しました。

(参考)
        昭和43年10月  1日       開園
        昭和55年  8月26日       500万人到達
        平成  5年  6月  6日    1,000万人到達
        平成14年  7月13日    1,500万人到達
        平成21年  3月11日    2,000万人到達
        平成26年  7月29日    2,500万人到達
        平成30年  3月27日    3,000万人到達

このページのトップへ
閉じる