皇居東御苑の自然・生き物情報

皇居東御苑の近況や皇居東御苑花だよりをはじめ、皇居東御苑で観察できる野鳥昆虫の情報を掲載しています。

   お願い
   植物・野鳥・昆虫の観察にあたっては、苑路・小径からむやみに外れないで下さい。

本丸石室周辺では、バクチノキが白い花を咲かせています。本丸マツの芝生周辺では、キンモクセイ、ウスギモクセイが咲き、甘い香りを放っています。白鳥濠周辺では、ススキの穂が揺れています。二の丸雑木林では、ガマズミの実が色づき、新雑木林では、オトコヨウゾメの実が色づき始めました。

秋の野の 尾花が末を 押しなべて 来しくもしりく 逢へる君かも   万葉集 阿部朝臣虫麻呂 
 
令和4年9月30日
写真 説明
ニホントカゲ
○二の丸流れ周辺のニホントカゲ
岩の上で日向ぼっこをしているニホントカゲを見つけました。昆虫やミミズなどを食べる肉食ですが、果実を食べることもあります。
令和4年9月27日撮影
トノサマバッタ(雌)
○本丸のトノサマバッタ(雌)
体長35~65mmの大型のバッタで、オスよりメスが大きく、緑色型のほか褐色型もいます。空き地や河原など、開けた場所で、ススキなどイネ科の植物の葉を食べます。
令和4年9月27日撮影
ヤマトシジミ
○新雑木林のヤマトシジミ
公園、人家周辺でよく見られるシジミチョウの仲間です。卵を産み付けるカタバミの周辺で、地面すれすれに飛んでいました。
令和4年9月29日撮影
エナガ
○新雑木林のエナガ
新雑木林でエナガを見つけました。マシュマロに尾っぽをつけたような愛らしい姿をしています。
令和4年9月29日撮影

写真:宮内庁