主な式典におけるおことば(令和3年)

秋篠宮皇嗣殿下のおことば

第17回日本学術振興会賞並びに日本学士院学術奨励賞
令和3年2月28日(日)

【表彰式典は中止となりましたが,主催者からの依頼によりお言葉をお寄せになりました。】

第17回日本学術振興会賞を受賞された皆様,またその中から第17回日本学士院学術奨励賞を受賞された皆様に心からお祝いを申し上げます。

本年は,COVID-19の感染拡大によって本賞の授賞式が開催されないことになりました。毎年,授賞式において受賞された方々から,それぞれの研究についてお話しを伺うことを楽しみにしておりましたので,今般お目にかかれないことは大変残念な思いです。

さて,学術研究は,それを志す研究者の知的好奇心と自由な発想に端を発して行われ,地道に研究を継続することによって新たな知見が生まれ,構築されることで,その先の多様な展開へとつながっていくものと考えます。そのいっぽう,人間社会は気候変動や様々な疾病をはじめとする多くの困難な問題を抱えており,こうした課題の解決のためには,幅広い学術領域からの貢献が必要不可欠なものであることもまごうことなき真実です。

その意味で,これまで我が国の学術研究を支えてきた日本学術振興会と日本学士院が協力して,人文学から社会科学,自然科学にわたる幅広い分野で若手研究者を顕彰し,その研究意欲をより高め,研究の発展を支援しようとすることは誠に意義深いものであります。

現下のCOVID-19の感染拡大は,人間社会に未曾有の危機をもたらすとともに,社会の脆弱性も顕在化するに至りました。他方,この危機に対応するため,今までに蓄積されてきた医学分野を始めとする様々な学術分野で得られた知見が,治療法の確立や感染拡大の防止,ワクチンや治療薬の開発,社会経済の立て直しなどの対策に用いられています。また,世界中でCOVID-19と原因ウイルスであるSARS- CoV-2に関する研究が進展してきており,それらの成果により,現在の困難な状況は必ず乗り越えられるものと期待いたしております。

今回,受賞の栄に浴された皆様は,それぞれの分野において,これまでにも大変優れた業績をあげておられます。皆様には,この受賞を一つの契機として,今後さらに充実した研究を進められ,世界的に活躍されることを心から願っております。

終わりに,関係の皆様のご尽力により,日本の学術研究の進展が一層図られることを祈念し,お祝いの言葉といたします。

時節柄,呉々もご自愛ください。

日本消化器内視鏡学会第100回総会記念式典
令和3年5月14日(金)

【本年5月14日に開催された式典は,COVID-19の感染拡大防止のため,式典会場での参加者を限定した上でWebを主体とした形で開催されました。このようなことから,主催者からの依頼によりビデオメッセージをお寄せになりました。】

一般社団法人日本消化器内視鏡学会第100回総会記念式典がWebでの参加を含め多くの関係者の出席のもと,盛大に開催されますことを心からお祝い申し上げます。

さて,国内外ではCOVID-19の急速な拡大により,公衆衛生上,未だかつてない難局を迎えております。このような厳しい状況のもとで,貴学会は安全な内視鏡診療を提供するための提言を累次にわたって出されるとともに,会員の方々におかれては,国民の健康と地域医療を守るため,内視鏡診療を含めた医療活動に献身的に取り組んでおられると伺っております。このような皆様のご尽力に対し,深い敬意と感謝の意を表します。

日本における消化器内視鏡の始まりは,終戦の混乱から世情が落ち着き,新しい希望を求めて人々が模索していた1949年に,医師と光学技術者とが協力して胃カメラの開発に着手したことであると伺っております。この当時の日本では胃がんが多く,しかもそのほとんどが進行がんで発見されていました。それが胃カメラの普及に伴い,早期胃がんの内視鏡診断学が確立され,その後,大腸がん,食道がんの診断学へと発展してまいりました。さらに近年は,内視鏡治療の目覚ましい進歩と普及により,消化器系の多くのがんが外科手術ではなく,低侵襲の内視鏡治療で治癒できるようになったことは,患者への負担が大幅に減少し,早期の社会復帰を可能にしたことと推察いたします。

歴史を紐解きますと,貴学会は,1955年に「胃カメラ研究会」として発足し,その後「日本胃カメラ学会」,「日本内視鏡学会」,「日本消化器内視鏡学会」へと学会の名称の変遷があり,現在では会員数3万5千名を有する大きな学会へと発展を遂げられました。

学会の理念には,消化器内視鏡を通じて,低侵襲で良質な医療を提供することが目的としてあげられており,「患者に理解され信頼される消化器内視鏡医を育成する」という視点に立って,数多くの専門医の育成にも努めてこられました。その結果,現在では全国津々浦々で高い水準の内視鏡診療を受けられるようになっております。また,英文誌‘DEN’の発行や,近隣のアジア諸国をはじめ,欧州,米国,南米など多くの国々との交流を通じて,全世界へ継続的に内視鏡診療を発信し,国際的にも指導的な役割を果たしておられます。

さらに近年では,IT技術の進歩と相まって,全国の内視鏡施設を結ぶ「内視鏡データベースプロジェクト」を実施し,世界最大のビッグデータの構築を目指すとともに,世界に先駆けてAIを活用した内視鏡診断機器を実用化されたと伺っております。

学会設立から60年余りを経て,我が国の消化器内視鏡医学が世界のトップに位置づけられていることを誠に喜ばしく思うとともに,これまで力を尽くしてこられた多くの方々に深く敬意を表します。そして,日本消化器内視鏡学会が第100回総会記念式典を一つの契機として,今後さらなる内視鏡医学の発展に寄与し,人類の福祉に貢献されることを願い,式典に寄せる言葉といたします。

日本植物園協会第56回大会
令和3年5月27日(木)

【本年5月27日に開催された「第56回大会(表彰式)」は,COVID-19の感染拡大防止のため,会場での参加者を限定した上でWebを主体とした形で開催されました。このようなことから,協会との打ち合わせによりビデオメッセージをお寄せになりました。】

以下のURLをご参照ください

日本動物園水族館協会2021年度通常総会
令和3年5月27日(木)

【本年5月27日に開催された通常総会(記念講演)は,COVID-19の感染拡大防止のため,会場での参加者を限定した上でWebを主体とした形で開催されました。このようなことから,協会との打ち合わせによりビデオメッセージをお寄せになりました。】

以下のURLをご参照ください

第23回日本水大賞・日本ストックホルム青少年水大賞
令和3年6月15日(火)

【表彰式典は中止となりましたが,お言葉をお寄せになりました。】

以下のURLをご参照ください

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)日本代表選手団結団式
令和3年7月6日(火)

【本年7月6日に開催された結団式は,COVID-19の感染拡大防止のため,会場での参加者を限定した上でWebを主体とした形で開催されました。このようなことから,主催者からの依頼により宮邸からおことばをお寄せになりました。】

本日,第32回オリンピック競技大会に参加される日本代表選手団の結団式が開催され,選手および役員の皆さまと,WEB上ではありますが,お会いできましたことを誠に嬉しく思います。

本大会は,COVID-19の世界的な流行の影響により1年延期となりました。スポーツ選手にとって,1年の違いは,最良の時を維持する上で大変困難を伴うことと思います。

出場される皆さまには,そのような状況を乗り越えて,この度,日本代表になられたことをお慶び申し上げます。

今回の夏季オリンピックは,57年ぶりに自国,東京を中心に開催される2度目の大会となります。また,今大会では,2008年の北京オリンピック以来となる野球・ソフトボールと新たにスポーツクライミング,空手,サーフィン,スケートボードを加えた,33競技339種目が実施されると聞いております。

いっぽう,このパンデミックが収束する状況は見えてきておりません。このことは,オリンピズムが目指す「平和でより良い世界の構築に貢献」するための参加者間の交流が難しいことを意味すると推察いたします。そのような状況下ではありますが,皆さまには,それぞれが可能な場において,交流を深めていただきたく思います。

今回は,通常のオリンピックとは大きく異なる環境で開催される大会です。参加される皆様には,感染症への対応に十分心を配られ,そして競技の場に臨んでは,日頃の成果を存分に発揮されることを願っております。

皆さまのご活躍をお祈りし,結団式に寄せることばといたします。

第55回全日本高等学校馬術競技大会
令和3年7月20日(火)

【本年7月20日に開催された大会は,COVID-19の感染拡大防止のため,無観客で開催されました。このようなことから,主催者からの依頼によりビデオメッセージをお寄せになりました。】

はじめに,本日の会場である御殿場市が所在する静岡県の熱海市において,土石流による大きな被害が発生いたしました。本日ここに集われている皆さまも心を痛めておられることと思います。この災害で亡くなられた方々に哀悼の意を表するとともに,依然として多くの方の安否が不明であること,数多くの方々が被災されていることに,心よりお見舞いを申し上げます。

本日,第55回全日本高等学校馬術競技大会が,ここ御殿場市馬術・スポーツセンターにおいて,2年ぶりに開催されますことを誠に喜ばしく思います。

私が初めて全日本高等学校馬術競技大会に出席をしたのは,今からちょうど40年前の1981年,私自身がまだ高校生の時のことでした。その時以来,たびたびこの大会に出席をしており,私にとりまして(えにし)ある行事であります。

そのようなことから,私自身,55回の節目に当たり,5年ぶりに大会会場に足を運び,全国の地区大会を勝ち抜かれた36校の代表の方々とお目にかかることを楽しみにしておりました。しかしながら,COVID-19の状況が依然として思わしくなく,本大会も無観客で実施されることになり,ビデオメッセージとなりましたことを大変残念に思います。

このように,通常とは異なる状況下ではありますが,参加される皆さまには,感染症への対応に十分心を配られつつ,競技の場に臨んでは日頃の成果を存分に発揮されますことを願っております。

さて,ご存知のように,馬術競技は全ての種目で男女の区別なく同じ条件で実施されます。また,数多あるスポーツの中でも,人と動物が一体になって行う稀な競技です。そのため,騎乗者には,個性が異なる馬の性格を(おもんぱか)って馬を誘導することが求められます。皆さまには馬の気持ちをよく理解し,その能力を最大限に発揮させるため,これからもいっそう技術を高めていっていただきたく思います。

また,それとともに,5000年以上にわたって人類に随伴し,馬術競技においてはパートナーとなる「馬」について,さらに知識を深めていっていただければ幸いです。

おわりに,この夏の大会が,皆さまにとって思い出に残る素晴らしい一時(ひととき)になることを祈念いたします。そして,開催に向けて力を尽くされた多くの関係者に深く敬意を表し,開会式に寄せる言葉といたします。