主な式典におけるおことば(令和4年)

秋篠宮皇嗣妃殿下のおことば

「第67回青少年読書感想文全国コンクール」表彰式
令和4年2月4日(金)

 【本年2月4日に開催された表彰式典は,COVID-19の感染拡大防止のため,Web上で開催されました。このようなことから,主催者からビデオメッセージの提供依頼があり,お言葉をお寄せになりました。】

 青少年読書感想文全国コンクールは,67回目を迎えました。

 今回は,海外の日本人学校60校を含む,約2万4000校で学ぶ児童・生徒から310万編を超える作品が寄せられました。一人ひとりが本と向き合い,その時々の自分の気持ちや考えを文章で表現するために励んだことでしょう。これほど多くの小学生,中学生,高校生が本と出会い,感想文をまとめられたことを,大変うれしく思います。

 本日,数多くの応募作品の中から選ばれ,受賞される皆さまに,心からお祝いを申し上げます。
 受賞作品を読んでおりますと,皆さまが,自分の経験してきた世界と,本に描かれた世界とを行き来しながら,考えを巡らせていったことが感じられました。そうした過程で,人の暮らしや社会,自然へのまなざしに,深みが加わったようにも思いました。私も,受賞作品によって心が動かされることや新たに気づくこともあり,そこで取り上げられた本のページをめくり豊かな時間を過ごすことができました。表彰式で直接お会いできないのは残念ですが,感想文の言葉が伝わってきて,皆さまとお話しできたような気持ちがしております。

 この1年も,学校や図書館では,教職員や司書,ボランティアによって,感染予防に配慮しながら,読書の機会を増やす活動がおこなわれてきました。児童・生徒自身が気に入った本を紹介するなどの読書活動もあったと聞きました。また,コロナ禍で生活に制約がある中,子どもが本を読み,心を落ち着かせ,視野や行動を広げられるよう,支えてきたご家族もおられたのではないでしょうか。そして,著者や翻訳家など,本作りの関係者も,すばらしい本を世に出してこられました。そうした中で,子どもたちは本を手にとって,登場人物の思いを想像したり,自分を見つめたり,科学の世界に胸をときめかせたりしてきたことでしょう。子どもたちの読書環境を整えてきた皆さまのご努力は,大変意義深いものと考えております。

 本コンクールの開催と発展に力を尽くしてこられた関係者の皆さまに,深く敬意を表します。そして,今後も多くの児童・生徒が本に親しみ,思考の幅を広げ,未来に向かって歩みを進めていきますよう願い,表彰式に寄せる言葉といたします。

第73回結核予防全国大会
令和4年3月8日(火)

【オンラインでの大会開催にあたり,ビデオメッセージ形式でのお言葉をお寄せになりました。】

以下のURLをご参照ください