主な式典におけるおことば(令和3年)

秋篠宮皇嗣妃殿下のおことば

第66回青少年読書感想文全国コンクール
令和3年2月5日(金)

 【表彰式典は中止となりましたが,主催者からの依頼によりお言葉をお寄せになりました。】

 第66回青少年読書感想文全国コンクールの募集がおこなわれた昨年は,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって,春には多くの学校が休校になり,夏休みも短くなりました。また,図書館も利用できない時期がありました。このように生活が大きく変わりながらも,200万編を超える感想文が寄せられましたことを,大変うれしく思います。本を読み,その感想を書くことは,文章をまとめ自分の視野を広げていく,とても大切な機会になったことでしょう。

 このたび,多数の応募作品の中から選ばれた受賞者の皆さまに,お祝いを申し上げます。本を読み返しながら,自らの考えや経験などをわかりやすく伝えることは,たやすいことではなかったと思います。それぞれの感想文には,心に響く思いや興味深い気づきが丁寧に書かれており,努力を重ねたことが感じられました。そして私も,共感したり,独自の発想にふれて一緒に考えを巡らしたり,対象になった本を読んでみたりして,充実した時間を過ごすことができました。

 感想文を読みながら,本が人と人とをつなぐ役目を担っていることにも思いを馳せました。例えば,読む人が本との対話を通じて作者や登場人物とつながることができます。また,気に入った本を紹介したり,同じ本を読み合ったり,別々の本を読んで印象に残ったことを伝え合ったりして,そばにいる人とも遠く離れた人とも,本を通じた様々なつながりがあることでしょう。そうした中で,これまであまり本になじみのなかった人が,読みたい本を見つけて手に取るようになるかもしれません。

 学校や図書館などで,本に関わるいろいろな取り組みがあることは,大変よろこばしいことです。児童・生徒が各自の関心や成長に応じ,心を動かされたり,不思議に思ったことを考えたりするような本が一人ひとりに届くように工夫がなされ,読書活動が各地で進められていることを心強く思っております。

 長年にわたり本コンクールの開催に力を尽くしてこられた多くの関係者に深く敬意を表します。これからも,児童・生徒たちが本を読み解き,深い学びを通して多様な見方や考え方が育まれていきますよう心から願っております。