主な式典におけるおことば(令和2年)

天皇陛下のおことば

新年一般参賀
令和2年1月2日(木)(宮殿)

新しい年を迎え,皆さんと共に祝うことをうれしく思います。

その一方で,昨年の台風や大雨 などにより,いまだ御苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じています。

本年が,災害のない,安らかで,良い年となるよう願っております。

年の始めに当たり,我が国と世界の人々の幸せを祈ります。

第201回国会開会式
令和2年1月20日(月)(国会議事堂)

 本日,第201回国会の開会式に臨み,全国民を代表する皆さんと一堂に会することは,私の深く喜びとするところであります。
 国会が,国民生活の安定と向上,世界の平和と繁栄のため,永年にわたり,たゆみない努力を続けていることを,うれしく思います。
 ここに,国会が,国権の最高機関として,当面する内外の諸問題に対処するに当たり,その使命を十分に果たし,国民の信託に応えることを切に希望します。

国立障害者リハビリテーションセンター及び国立職業リハビリテーションセンター創立40周年記念式典
令和2年1月22日(水)(国立障害者リハビリテーションセンター)

 国立障害者リハビリテーションセンター並びに国立職業リハビリテーションセンターの創立40周年記念式典に,皆さんと共に出席できることをうれしく思います。
 この2つのセンターは,障害のある方々が自立した生活を送り,社会に参加することができるよう,医療から職業訓練,就労支援までを一貫して行うことを目的として,昭和54年に設立されました。
 近年は,科学技術の発展に伴い,再生医療を受けた人に対するリハビリテーションの手法の開発など,様々な新しい取組も進められていると聞いております。こうした取組の積み重ねや,情報通信技術の発達など,社会環境の変化を背景に,障害のある方々がその能力を活かして働くことができる社会が,一歩一歩実現に近づいていることを喜ばしく思います。障害者の自立と社会参加のために力を尽くしてこられた両センターの職員を始め,多くの関係者のたゆみない努力に対し,心から敬意を表します。
 今年の8月から9月にかけて東京2020パラリンピック競技大会の開催を控えている我が国では,障害のある方々に対する理解が徐々に深まってきていることを感じています。今後,障害の有無にかかわらず,誰もが相互に人格や個性を尊重し支え合う「共生社会」が築かれていくことを切に願っています。
 創立40周年を迎えた両センターが,それぞれの機能をより一層充実させ,今後も我が国のリハビリテーションの分野において大きな役割を果たしていくことを期待し,お祝いの言葉といたします。