主な式典におけるおことば(令和6年)

天皇陛下のおことば

警視庁創立150年記念式典
令和6年1月15日(警視庁本部庁舎)

 挨拶に先立ち、この度、令和6年能登半島地震により亡くなられた方々に哀悼の意を表し、御遺族と被災された方々に心からお見舞いをお伝えいたします。今なお安否が不明の方や避難を余儀なくされている方も多く、救援と復旧の作業が速やかに進むことを心から願っています。また、厳しい天候と寒さの中、災害対応に力を尽くしている関係者の皆さんの努力を深く多といたします。
 本日、警視庁が創立150年を迎えたことを喜ばしく思います。
 警視庁は、明治7年、我が国が近代国家への道を歩む中、複雑化する治安情勢に対応するために東京に創立されました。以来150年にわたり、治安の維持に大きく貢献してきています。
 この間、危険が伴う任務を遂行する中で失われた多くの職員の尊い命に思いを致すとともに、都民・国民の生命、身体、財産を守るため、長年にわたって職務を遂行してきた皆さんのたゆみない努力に敬意を表します。
 近年、人口減少や少子高齢化、情報通信技術の発達などにより、社会情勢が変化する中で、社会経済活動の基礎となる治安の維持が引き続き確実に図られていくことが求められています。
 警視庁は、首都警察としての機能だけでなく、都道府県警察の中で最大規模の組織としての重要な役割も担っていると聞いており、皆さんが今後も社会情勢の変化に対応しつつ、責務を果たしていくことが望まれます。
 終わりに、150年にわたる歴史を通じて積み重ねられてきた経験を生かしながら、皆さんが今後も、都民・国民から寄せられる期待と信頼に応え、社会の安全・安心を確保していくことを願い、式典に寄せる言葉といたします。

第213回国会開会式
令和6年1月26日(金)(国会議事堂)

 本日、第213回国会の開会式に臨み、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。
 国会が、国民生活の安定と向上、世界の平和と繁栄のため、永年にわたり、たゆみない努力を続けていることを、うれしく思います。
 ここに、国会が、国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します。