皇居東御苑花だより

令和元年8月16日
写真 説明
コバギボウシ(ユリ科)
○コバギボウシ(ユリ科)Hosta albo-marginata
日当たりのよい湿地に生える多年草です。根茎は横に這います。高さ30~60cmの花茎を出し,7~8月に,長さ4~5cmで淡紫色の花を下または横向きに開きます。
オミナエシ(オミナエシ科)
○オミナエシ(オミナエシ科)Patrinia scabiosaefolia
秋の七草のひとつとして有名です。日当たりのよい草原などに生える多年草で,高さ1m内外になります。7~10月に,黄色の小さな花を多数つけます。
タマアジサイ(ユキノシタ科)
○タマアジサイ(ユキノシタ科)Hydrangea involucrata
山地の谷川沿いに多く生え,よく分枝して高さ1.5~2mになります。8~9月,枝先に淡紫色の小さな両性花を多数つけ,直径2~3cmの白い装飾花がそれらを取り巻きます。つぼみが球形であることから,この名があります。
ムクゲ(アオイ科)
○ムクゲ(アオイ科)Hibiscus syriacus
別名はハチスといい,中国原産で生垣などによく植えられます。よく分枝して,高さ3~4mになります。7~10月,枝先に直径6~10cmの花を開きます。花は1日花で,普通紅紫色ですが白花や八重咲きなど多くの園芸品種があります。実は直径約2.5cmの球形で,熟すと5裂して,長い毛のある種子を多数出します。
タカサゴユリ(ユリ科)
○タカサゴユリ(ユリ科)Lilium formosanum
台湾原産で,日本では園芸用に移入された帰化植物として全国に分布しています。明るい野原で育ち,海岸付近から低地,高山帯に至るまで広く分布します。
フジカンゾウ(マメ科)
○フジカンゾウ(マメ科)Desmodium oldhamii
山野の林内に生える多年草です。高さ50~100cmになり,全体にまばらに毛が生えています。8~9月,茎の先端と葉のわきから花序をだし淡紅色で長さ8mmほどの蝶形花が多数咲きます。節花は2節あります。和名は花がフジで,葉がカンゾウに似ていることによります。
ウド(ウコギ科)
○ウド(ウコギ科)Aralia cordata
茎は太く高さ1~1.5mになる大形の多年草です。花以外は全体に短毛が生えています。8~9月,大きな散形花序を茎の先及び上部の葉のわきにつくり,淡緑色で3mmほどの小さな花を多数つけます。春の山菜としておなじみです。
キンミズヒキ(バラ科)
○キンミズヒキ(バラ科)Agrimonia pilosa
古くから植えられ,野生化しているものもあります。よく枝分かれして高さ約1mくらいになります。6~7月枝先に黄色の花が開きます。
ウメモドキ(実)(モチノキ科)
○ウメモドキ(実)(モチノキ科)Ilex serrata
山中や湿地に生え6月頃,淡紫色の花が咲きます。果実は直径約5mmの球形で赤く熟し,小鳥が好んで食べます。晩秋から初冬にかけて葉が落ちた後,赤い実が枝いっぱいに残って美しいことから,庭木としてもよく植えられます。
ツリガネニンジン(キキョウ科)
○ツリガネニンジン(キキョウ科)Adenophora triphylla var. japonica
サイヨウシャジンの変種で日本全土に普通に生える多年草です。根は肥厚して白く,薬用となります。茎は30~100cmになり,全体に毛があります。夏から秋にかけ枝先に円錐花序をつくり,鐘形で先が5裂した青紫色の花が下向きに咲きます。
ノシラン(ユリ科)
○ノシラン(ユリ科)Ophiopogon jaburan
海岸近くの林の中に生える多年草です。葉は線形で長さ30~80cm,幅7~15mm,深緑色で厚く光沢があり,ふちがざらつきます。花茎は高さ30~50cmあって,7~9月,白色または淡紫色の花を密につけます。
シラヤマギク(キク科)
○シラヤマギク(キク科)Aster scaber
山地や丘陵などに普通に見られる,高さ1~1.5mの多年草です。茎や葉にはザラザラした毛が生えています。8~10月,直径2cmほどの白い花をつけます。春の若苗は,ヨメナに対しムコナと呼んで食用にもなります。
キョウチクトウ(キョウチクトウ科)
○キョウチクトウ(キョウチクトウ科)Nerium indicum
インド原産で江戸時代に渡来したといわれ,公害に強い花木として都会や工場の多い場所の緑化に広く用いられています。高さ3~4mになり,よく枝分かれします。花期は6~9月と長く,枝先に直径4~5cmの花を多数つけます。花色は,淡紅色のほか,白,紅色等があります。有毒植物です。

参考図書:山渓カラー図鑑「日本の樹木」,山渓カラー図鑑「日本の野草」(山と渓谷社)

                  日本の野生植物(平凡社)

写真:宮内庁