皇居東御苑の自然・生き物情報

皇居東御苑の近況や皇居東御苑花だよりをはじめ,皇居東御苑で観察できる野鳥昆虫の情報を掲載しています。

   お願い
   植物・野鳥・昆虫の観察にあたっては,苑路・小径からむやみに外れないで下さい。

令和元年10月11日
写真 説明
エゾビタキ
○展望台周辺のエゾビタキ
展望台周辺のサクラの木に,エゾビタキが止まっていました。エゾビタキの全長はスズメと同じ14cm程度で,胸の縦斑が特徴です。旅鳥として春や秋の渡りの季節に訪れます。
令和元年10月10日撮影
ホシホウジャク
○書陵部西側のホシホウジャク
書陵部西側で開花中のサザンカに訪れたホシホウジャクが,長い口吻を伸ばして吸蜜していました。ホシホウジャクはスズメガの仲間で,茶色の体色に後翅の黄色が特徴です。
令和元年10月10日撮影
ヤマガラ
○緑の泉周辺のヤマガラ
緑の泉周辺のエゴノキから実を運ぶヤマガラを見かけました。エゴノキやハクウンボクの実を採っては地面に埋めて,貯食をしているようでした。
令和元年10月10日撮影
ジョロウグモ
○二の丸雑木林のジョロウグモ
二の丸雑木林でジョロウグモの雌が30cmほどの巣を張っていました。ジョロウグモの巣は中心から放射状に伸びた縦糸と,同心円を描く様に張られた横糸から構成され,横糸に獲物を捕まえるための粘液が付いています。
令和元年10月4日撮影

写真:宮内庁