皇居東御苑の自然・生き物情報

皇居東御苑の近況や皇居東御苑花だよりをはじめ,皇居東御苑で観察できる野鳥昆虫の情報を掲載しています。

   お願い
   植物・野鳥・昆虫の観察にあたっては,苑路・小径からむやみに外れないで下さい。

平成29年1月20日
写真 説明
真冬の早朝にだけひっそりと咲く氷の花
○真冬の早朝にだけひっそりと咲く氷の花
冷え込みが足らずになかなか観察出来なかった氷の結晶(シモバシラ)が二の丸雑木林で見られました。シモバシラは秋に花が咲いた後,地表に出ている茎は枯れますが,根は生きていて,茎に水を送り続けます。このため気温が氷点下付近になると,根から吸い上げられていた水が茎からしみ出し,真冬の冷え込んだ早朝にだけひっそりと氷の花を咲かせます。
平成29年1月16日撮影
リュウキュウカンヒザクラが咲き始めました
○リュウキュウカンヒザクラが咲き始めました
下向きに垂れ下がったたくさんの紅色の蕾が少しずつ開き始めています。
平成29年1月19日撮影
ふきのとう顔を出す
○ふきのとう顔を出す
桜の島や梅林坂では,フキノトウが地面から顔をのぞかせています。ウメと共に春の息吹を感じさせてくれます。
平成29年1月19日撮影
寒桜の花に集まるメジロ
○寒桜の花に集まるメジロ
ケヤキの芝生でカンザクラの花蜜を求めてせわしく飛び回っているメジロたちを見かけました。
平成29年1月19日撮影

写真:宮内庁