皇居東御苑の自然・生き物情報

皇居東御苑の近況や皇居東御苑花だよりをはじめ,皇居東御苑で観察できる野鳥昆虫の情報を掲載しています。

   お願い
   植物・野鳥・昆虫の観察にあたっては,苑路・小径からむやみに外れないで下さい。

平成28年8月26日
写真 説明
オオスカシバ
○ショウリョウバッタ(バラ園にて)
バラ園で雌のショウリョウバッタを見かけました。雄は細身で活発に飛び,「キチキチキチ・・・・」という羽音を立てるので,「キチキチバッタ」とも呼ばれています。
平成28年8月26日撮影
ショウジョウトンボ
○ショウジョウトンボ(二の丸池にて)
頭の先から尻尾,足まで全身鮮やかな赤色をしています。二の丸池周辺を飛ぶトンボの中では少数派ながら,かなり目立つ存在です。秋に赤くなるアカネ属の仲間ではなく,ショウジョウトンボ属に分類され,オスは成熟すると赤色になります。
平成28年8月15日撮影
ススキ
○ススキの穂が出始めました
白鳥濠東側では,ススキの穂が出始め,秋の気配を感じさせてくれます。
平成28年8月24日撮影
サワガニ
○どんぐり(二の丸雑木林にて)
風が強かった翌日などによく葉をつけた青いドングリが苑路などに落ちていることがあり,いつの間にか大きくなったことに気づかされます。木を見上げるとたわわに実るドングリを観察することができます。これから晩秋にかけて茶色く色づいていきます。写真は二の丸雑木林のコナラです。
平成28年8月24日撮影

写真:宮内庁