皇居東御苑の自然・生き物情報

皇居東御苑の近況や皇居東御苑花だよりをはじめ,皇居東御苑で観察できる野鳥昆虫の情報を掲載しています。

   お願い
   植物・野鳥・昆虫の観察にあたっては,苑路・小径からむやみに外れないで下さい。

令和元年6月14日
写真 説明
ハナショウブ
○菖蒲田のハナショウブ
菖蒲田で開花中のハナショウブは,咲き終わった株が所々見えるようになってきました。一面のハナショウブをお楽しみになる際は,来週の前半までのお越しをおすすめいたします。
令和元年6月14日撮影
シオカラトンボ
○菖蒲田周辺のシオカラトンボ
菖蒲田周辺の苑路に止まるオスのシオカラトンボを見かけました。シオカラトンボは全長4.7~6.1cmで,成熟したオスは深い水色の眼と白粉を帯びた体が特徴です。
令和元年6月13日撮影
コシアキトンボ
○二の丸池周辺のコシアキトンボ
二の丸池周辺や本丸各所で,縄張りを占有するコシアキトンボを見かけました。コシアキトンボは全長4.2~5cmで,腹部にある黄白斑が特徴です。
令和元年6月13日撮影
アゲハチョウ
○二の丸池周辺のアゲハチョウ
二の丸池周辺で咲き終わりのサツキで吸蜜するアゲハチョウを見かけました。アゲハチョウは前翅長3.5~6cmで,幼虫はカンキツ類の葉を食べます。
令和元年6月13日撮影

写真:宮内庁