三の丸尚蔵館

第74回展 「書の美、文字の巧」

開催期間:平成28年9月17日(土)~12月4日(日)    
        前期:9月17日(土)~10月10日(月・祝)
        中期:10月15日(土)~11月6日(日)
        後期:11月12日(土)~12月4日(日)

       【主な展示内容】
  1. 開館時間は,次のとおりです。入館は無料です。
  2. 期間 開館時間
    3月1日~4月14日 午前9時~午後4時15分 (入館は午後4時まで)
    4月15日~8月末日 午前9時~午後4時45分 (入館は午後4時30分まで)
    9月1日~10月末日 午前9時~午後4時15分 (入館は午後4時まで)
    11月1日~2月末日 午前9時~午後3時45分 (入館は午後3時30分まで)
  3. 休館日は次のとおりです。
    • 展覧会期間中の毎週月曜日,金曜日
      • ただし,天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は開館します。
      • なお,月曜日が休日で開館する場合は,翌火曜日を休館します。
    • 展覧会の準備期間
    • 年末年始(12月28日~翌年1月3日)
    • 行事の実施,その他やむを得ない理由のため支障のある日
  4. 三の丸尚蔵館の場所は,皇居東御苑内にあります。
    [出入門及び最寄り駅から三の丸尚蔵館までの所要時間]
    • 大手門(入門してから約100メートル)
      • 地下鉄各線の大手町駅(C13a出口)から徒歩約5分
      • JR東京駅(丸の内北口)から徒歩約15分
    • 平川門
      • 地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から徒歩約10分
    • 北桔橋門
      • 地下鉄東西線竹橋駅(1a出口)から徒歩約15分

    展覧会の開催情報等については,テレホンサービス(03-5208-1063)で,24時間ご案内しています。

  5. 三の丸尚蔵館の概要
    三の丸尚蔵館
    三の丸尚蔵館
    (写真:宮内庁)
    三の丸尚蔵館展示室
    三の丸尚蔵館展示室
    (写真:宮内庁)

    三の丸尚蔵館は,皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品類が平成元年6月,国に寄贈されたのを機に,これら美術品を環境の整った施設で大切に保存・管理するとともに,調査・研究を行い,併せて一般にも展示公開することを目的として,平成4年9月に皇居東御苑内に建設され,翌年11月3日に開館しました。

    なお,平成8年10月に故秩父宮妃のご遺贈品,平成13年4月に香淳皇后のご遺品,平成17年10月に故高松宮妃のご遺贈品,さらに平成26年3月には三笠宮家のご寄贈品が加わり,現在約9,800点の美術品類を収蔵しています。

  6. その他

    平成26年11月15日(土),平成5年11月3日の一般公開以来,入館者数が500万人に達し,宮内庁から500万人目の方へ記念品を贈呈しました。

    (参考)
            平成  5年11月  3日       開館
            平成11年  1月21日       100万人到達
            平成15年12月13日       200万人到達
            平成19年11月10日       300万人到達
            平成22年10月  9日       400万人到達

閉じる