高円宮家のご活動

スペイン公式ご訪問の際,サルスエラ宮殿に国王王妃両陛下を表敬訪問された高円宮同妃両殿下
(写真:スペイン王宮府)

高円宮殿下は,平成14年11月21日,御年47歳をもって薨去されました。

殿下は妃殿下とご一緒に公式行事にご参列になるとともに,国際交流基金でのお仕事を通じて,あるいは,名誉総裁にご就任の団体が行う学生の英語弁論大会等の活動を通じて国際交流の促進に寄与されました。

また,ご関心の深かった音楽・舞踊の領域,あるいはサッカー・ホッケー等スポーツの分野においても,活発な支援活動を続けて来られ,併せて環境・教育問題にも深い関心を寄せておられました。

両殿下は,これまで各国政府等からの招請により,式典ご参列や外国事情ご視察などのため,度々外国をご訪問になっており,平成12年5月から6月にかけ,エジプト・モロッコをそれぞれご訪問になり,国際親善に努められました。平成14年5月から6月にかけては,「FIFAワールドカップ」開会式ご臨席のため,大韓民国を公式にご訪問になり,両国の友好のために尽くされました。

その後も,高円宮殿下のご遺志を継がれ,妃殿下は国際親善に努めてこられました。

妃殿下は,名誉副総裁として,日本赤十字地方大会にご臨席になるほか,故殿下とご一緒に全国的規模の大会にご臨席になり関係者を励まして来られました。

妃殿下は,殿下のお志を継いで日本サッカー協会,日加協会,日本水難救済会等の名誉総裁就任をご受諾になりました。また,環境・鳥類保護を目的として活動を行い,世界120ヶ国の環境NGOのネットワークであるバードライフ・インターナショナルのほか,国際弓道連盟,高円宮記念日韓交流基金などの名誉総裁にご就任になりました。

平成26年6月,日本サッカー協会名誉総裁として,「FIFAワールドカップブラジル大会」に出場の日本代表チームをご激励及び試合ご視察のため,ブラジルをご旅行になり,引き続きコロンビアサッカー協会への表敬訪問,施設ご視察のためコロンビアをご旅行になりました。また,南米よりの帰路,フランスに立ち寄られ,国際弓道連盟主催ノワジエル市営弓道場開設記念式典へご臨席になりました。

平成27年6月,スウェーデン国王陛下からのご招待により,カール・フィリップ第一王子殿下の結婚式典にご参列になるため,同国を公式訪問されました。また同年10月には,ワルシャワ国際映画祭「日本デー」のオープニング上映会に出席されるため,ポーランドをご旅行になり、5年毎に開催される第17回ショパン国際ピアノコンクールを視察され、また平成6年にワレサ大統領閣下と共に高円宮殿下によって開館された日本美術技術博物館(マンガ博物館)を再訪されました。

承子女王殿下は,平成18年3月ご成年をお迎えになり,平成20年英国ご留学を終えご帰国,早稲田大学国際教養学部(副専攻:生命科学)をご卒業。平成25年4月より,(公財)日本ユニセフ協会にご勤務。宮中の行事などにご参列になっています。同年8月,平成24年に日本との外交関係60周年を迎えたスリランカのラージャパクサ大統領閣下からのご招待により,同国を訪問され,同大統領夫妻から歓待を受けられました。また平成26年7月,日本ユニセフ協会の用務のため,ベトナムへ出張されました。

典子女王殿下は,平成20年7月ご成年をお迎えになり,平成23年学習院大学文学部心理学科をご卒業。
平成26年10月千家国麿氏とご結婚になりました。ご結婚まで宮中の行事などに参列されました。

絢子女王殿下は,平成22年9月ご成年をお迎えになりました。平成25年城西国際大学福祉総合学部福祉総合学科をご卒業。城西国際大学大学院にご在学中に,カナダのカモーソンカレッジとブリティッシュ・コロンビア大学に2年間ご留学になり,平成28年城西国際大学大学院福祉総合学研究科福祉社会専攻(修士課程)をご修了になりました。宮中の行事などにご参列になっています。