主な式典におけるおことば(平成30年)

皇太子殿下のおことば

第29回全国「みどりの愛護」のつどい
平成30年5月26日(土)(滋賀県立長浜ドーム)

 第29回全国「みどりの愛護」のつどいが,ここ滋賀県立長浜ドームにおいて開催されるに当たり,日頃から緑の愛護活動に携わっておられる皆さんと共に出席できることをうれしく思います。
 我が国は,緑豊かな環境の中で,四季折々に姿を変える美しい自然の恵みを受け,多様な文化を生み,育んできました。滋賀県も,日本最大の湖である琵琶湖を有し,その周囲に広がる近江盆地,さらには伊吹山地,鈴鹿山脈,比良(ひら)山地などの山々がそれを取り囲んでおり,近江八景に代表されるような変化に富んだ美しい景観や,多種多様な動植物が生育する豊かな自然に恵まれています。そして,こうした美しい水と緑の豊かな自然環境の中で,古くから東西の交通の要衝として人と物が行き交う中で,「長浜縮緬(ちりめん)」などの地場産業や独自の文化が発展し,継承されてきました。
 豊かな緑は,地球温暖化の防止や生物多様性の保全などの様々な環境問題を改善するとともに,災害の防止にも大きな役割を果たしています。また,私たちの暮らしにゆとりと潤いをもたらしてくれます。
 貴重な緑と,その緑を源とする清らかな水を守り,更に新たな緑を創り出し,育てていくためには,多くの人々がその大切さを理解し,幅広く運動に参加していくことが重要です。ただ今表彰を受けられた方々の緑の愛護活動への取組は,大変意義深いものであり,皆さんの努力に対し深く敬意を表します。
 終わりに,今回のつどいにおいて,全国から参加された皆さんが相互に交流を深め,緑を守り育てる心を新たにされるとともに,緑豊かな環境づくりが一層発展することを願い,私の挨拶といたします。