北山抄(ほくざんしょう)』の写本の紙背に押された猿顔様の印について