蹴鞠

蹴鞠蹴鞠
蹴鞠(京都御所)
(写真:蹴鞠保存会)

蹴鞠(けまり)は,約1,400年前の大和朝廷時代に,中国から我が国に伝えられたといわれる球戯の一種です。勝敗はありません。

我が国では,時代によって宮中において盛んに鞠会が催され,平安時代中頃以降の古文書には,鞠会の記述がしばしば見られます。

鎌倉時代には,武士階級でも盛んに蹴鞠が行われるようになり,室町時代を経て江戸時代に入ると,徐々に一般庶民にまで普及し,謡曲・狂言・浮世草子など様々な所でも題材になりました。

しかし,明治維新以後,蹴鞠も一旦途絶えましたが,明治36年(1903年)に明治天皇のご下賜金により,有志による保存会が結成され,今日に至っており,毎年の京都御所一般公開の折には蹴鞠が披露されています。