拝謁・お茶・ご会釈など

拝謁(宮殿 春秋の間)
(写真:宮内庁)

天皇皇后両陛下にお会いすることを拝謁といいますが、社会福祉・医療・教育・文化・学術・産業など各分野で功績があった人が主としてその対象となります。

両陛下は、文化勲章受章者・文化功労者・日本学士院賞受賞者・日本芸術院賞受賞者、駐日の外交団、赴任大使夫妻など内外の要人をお招きになって、お茶や昼食会などを催されます。

そのほか、内閣総理大臣や国務大臣が天皇陛下に所管事項などをご説明する内奏や、専門事項などを両陛下にご説明するご進講や皇居内の清掃奉仕のため全国各地から集まる人々とお会いになるご会釈などがあります。

皇嗣同妃両殿下はじめ皇族方も、天皇皇后両陛下とご一緒に、あるいはご単独で、国内・国外の多くの人々とお会いになります。