御誄(おんるい)

昭和天皇

殯宮移御後一日祭の儀(平成元年1月20日)

明仁謹んで
御父大行天皇の御霊に申し上げます。
崩御あそばされた後も,優しく厳かなお姿はまなかいに甦り,慈しみ深いお声は心耳に響いて,ひとときも忘れることができません。
幽明を隔てて,哀慕の情はいよいよ切なるものがあります。
ここに,正殿を以って殯宮に充て,霊柩をお遷しして,心からお祭り申し上げます。

追号奉告の儀(平成元年1月31日)

明仁謹んで
御父大行天皇の御霊に申し上げます。
大行天皇には,御即位にあたり,国民の安寧と世界の平和を祈念されて昭和と改元され,爾来,皇位におわしますこと六十有余年,ひたすらその実現に御心をお尽くしになりました。
ここに,追号して昭和天皇と申し上げます。

斂葬の儀 葬場殿の儀(平成元年2月24日)

明仁謹んで
御父昭和天皇の御霊に申し上げます。
崩御あそばされてより,哀痛は尽きることなく,温容はまのあたりに在ってひとときも忘れることができません。
しん殿(しんでん)に,また殯宮(ひんきゅう)におまつり申し上げ,霊前にぬかずいて涙すること四十余日,無常の時は流れて,はや斂葬の日を迎え,轜車にしたがって,今ここにまいりました。
顧みれば,さきに御病あつくなられるや,御平癒を祈るあまたの人々の真心が国の内外から寄せられました。今また葬儀にあたり,国内各界の代表はもとより,世界各国,国際機関を代表する人々が集い,おわかれのかなしみを共にいたしております。
皇位に在られること六十有余年,ひたすら国民の幸福と平和を祈念され,未曾有の昭和激動の時代を,国民と苦楽を共にしつつ歩まれた御姿は,永く人々の胸に生き続けることと存じます。
こよなく慈しまれた山川に,草木に,春の色はようやくかえろうとするこのとき,空しく幽明を隔てて,今を思い,昔をしのび,追慕の情はいよいよ切なるものがあります。
誠にかなしみの極みであります。