旧秩父宮

旧秩父宮

故雍仁親王は,明治35年6月25日,大正天皇の第2皇男子としてご誕生になりました。御名を雍仁(やすひと),ご称号を淳宮(あつのみや)と称されました。昭和3年9月28日に故松平恒雄の第1女子勢津子様とご結婚になりました。

故雍仁親王は,日英協会,日本瑞典(スウェーデン)協会の総裁等を務められ,国際親善に尽くされました。また,スキー,ラグビー等スポーツの振興に尽くされ,「スポーツの宮様」として広く国民に親しまれていました。

昭和28年1月4日に薨去されました。

故勢津子妃は,明治42年9月9日,故松平恒雄の第1女子としてご誕生になりました。

故勢津子妃は,宮中行事等のご公務をお務めになるほか,国際親善,厚生,スポーツ,学術研究振興の分野でも関係団体の活動を支援されました。特に,結核予防会総裁として,長年にわたり結核の予防活動に取り組まれました。

平成7年8月25日に薨去されました。