宮中祭祀

天皇皇后両陛下は,宮中の祭祀を大切に受け継がれ,常に国民の幸せを祈っておられ,年間約20件近くの祭儀が行われています。皇族方も宮中祭祀を大切になさっています。

宮中三殿

皇居内の賢所(かしこどころ)皇霊殿(こうれいでん)神殿(しんでん)の総称です。

賢所

皇祖天照大御神がまつられています。

皇霊殿

歴代天皇・皇族の御霊がまつられており,崩御・薨去の1年後に合祀されます。

神殿

国中の神々がまつられています。

三殿に附属して構内に,神嘉殿(しんかでん)神楽舎(かぐらしゃ)綾綺殿(りょうきでん)奏楽舎(そうがくしゃ)幄舎(あくしゃ)等の建物があります。

祭典

大祭

天皇陛下ご自身で祭典を行われ,御告文(おつげぶみ)を奏上されます。

小祭

掌典長が祭典を行い,天皇陛下がご拝礼になります。

旬祭(しゅんさい)

毎月1日・11日・21日に掌典長が祭典を行い,原則として1日には天皇陛下のご拝礼があります。

掌典職

国家行政機関たる宮内庁の組織とは別の内廷の組織で,皇室の祭祀のことをつかさどっています。

掌典長の統括の下に掌典次長・掌典・内掌典などが置かれています。