皇居東御苑の自然・生き物情報(令和元年8月2日)

令和元年8月2日
写真 説明
ミンミンゼミ
○雑木林のセミの声
苑内各所では数種類のセミの鳴き声が聞こえます。ミンミンゼミの「ミーンミンミンミー」の声は,昼間の暑さを一段と盛り上げるようです。
令和元年7月29日撮影
ニイニイゼミ
○樹皮に擬態しています
二の丸雑木林で,樹皮に溶け込むような体色のニイニイゼミを見かけました(写真右)。ニイニイゼミは大きさが3.2~4cm程度で,他のセミより一足早い6月頃から鳴き始めます。ニイニイゼミの抜け殻(写真枠内)は全身泥まみれのためすぐに判別できます。
令和元年7月29日撮影
ギンヤンマ
○ギンヤンマの産卵
二の丸池でギンヤンマのペアが連結態のままヒメコウホネの葉に飛来し,後方のメスが水中に尾部を差し込んで産卵していました。卵は1~3週間で孵化します。
令和元年8月2日撮影
ヒヨドリ
○食料が豊富な季節です
夏本番で昆虫たちがいきいきと活動する二の丸雑木林で,ヒヨドリがガの仲間を捕まえていました。二の丸雑木林に住む野鳥も,食料となる昆虫を探すためにあちらこちらへ飛び回っています。
令和元年7月29日撮影

写真:宮内庁