皇居東御苑花だより(平成31年4月12日)

平成31年4月12日
写真 説明
サトザクラ[一葉:イチヨウ](バラ科)
○サトザクラ[一葉:イチヨウ](バラ科)Prunus lannesiana cv.Hisakura
オオシマザクラ系サトザクラ(園芸種)の一種で,サトザクラの代表的品種のひとつです。4月中旬に直径4~5cmの花が垂れ下がって咲き,はじめは淡紅色で満開時は白くなります。
サトザクラ[御衣黄:ギョイコウ](バラ科)
○サトザクラ[御衣黄:ギョイコウ](バラ科)Prunus lannesiana cv.Gioiko
オオシマザクラ系サトザクラ(園芸種)の一種です。4月中下旬に花が咲きます。花弁は12~14個で,緑色と黄色が混ざっていて,花弁の中心に紅色のすじができます。昔,天皇が身につけられた着物の色ということから名前が付けられました。花の色が変わっているので,珍重されています。
サトザクラ[鬱金:ウコン](バラ科)
○サトザクラ[鬱金:ウコン](バラ科)Prunus lannesiana cv.Grandiflora
オオシマザクラ系サトザクラ(園芸種)の一種です。欧米にも人気があります。4月中下旬に淡い黄緑色で直径約4cmの花がやや垂れ下がって咲きます。
サトザクラ[普賢象:フゲンゾウ](バラ科)
○サトザクラ[普賢象:フゲンゾウ](バラ科)Prunus lannesiana cv.Albo-rosea
オオシマザクラ系サトザクラ(園芸種)の一種で,室町時代から知られている代表的品種です。花は直径約5cmの大輪で,4月中下旬に咲き始め,はじめは淡紅色,満開時にはほぼ白色となります。花弁は30~35個で,雌しべ2個が葉化し,その形が普賢菩薩の乗っていたインド象の鼻に似ていることからこの名が付きました。
オトコヨウゾメ(スイカズラ科)
○オトコヨウゾメ(スイカズラ科)Spiraea prunifolia
別名をコネソともいいます。山野の日あたりのよいところに生え,高さ2mくらいになります。4~6月,枝先から淡紅色を帯びた白い花が5~10個垂れてつきます。9~10月になると,核果は赤く熟し,垂れ下がります。
クルメツツジ(ツツジ科)
○クルメツツジ(ツツジ科)Rhododendron obtusum
別名はキリシマといいます。古くから各地の庭園などにも植えられ,霧島山ではクルメツツジに極めて近いものがあります。4~5月,枝先に赤色の花が2~3個開きます。葉は互生し,小型で厚いです。
ヒカゲツツジ(ツツジ科)
○ヒカゲツツジ(ツツジ科)Rhododendron keiskei
深山渓側の崖に生え,高さ1~2mになります。葉は枝先に輪生状につき,4~5月,枝先に直径約3cmの淡黄色の花が咲きます。
ヤマツツジ(ツツジ科)
○ヤマツツジ(ツツジ科)Rhododendron kaempferi
山野に生え,高さ1~4mになります。4~6月に,枝先に朱赤色または赤色,紅紫色の花が2~3個咲きます。夏秋に出た葉は,春に出た葉より小さく,冬を越します(半落葉性)。
ニリンソウ(キンポウゲ科)
○ニリンソウ(キンポウゲ科)Anemone flaccida
山麓の林のふちや林内,竹内,土手などに生える多年草で,しばしば群落をつくります。4~5月,茎葉の間から普通2本の長い柄を出し,先端に直径1.5 ~2cmの白い花を咲かせます。和名の二輪草は2個の花を付けることによりますが,花が1個または3個のこともあります。
シュンラン(ラン科)
○シュンラン(ラン科)Cymbidium goeringii
落葉樹林内などに生える多年草です。葉は線形でふちに鋸歯がありざらつきます。3~4月,高さ10~25cmの花茎の先に淡黄緑色の花が1個開きます。
ホウチャクソウ(ユリ科)
○ホウチャクソウ(ユリ科)Disporum sessile
山地や丘陵の林内に普通に生える多年草です。茎は高さ30~60cmです。花は4~5月に枝の先に1~3個垂れ下がり,筒状で平開せず,白色で先端が少し緑色を帯びます。和名は,花の形が寺院や五重塔の軒に下がっている宝鐸(ホウチャク)に似ていることによります。
オドリコソウ(シソ科)
○オドリコソウ(シソ科)Lamium album var. barbatum
東アジアの温帯に広く分布する多年草です。茎は根もとから群がって直立し,30~50cmになります。花は白色または淡紅紫色の唇形花で,上部の葉のわきにつきます。和名は,踊子草で,花の形が笠をかぶった踊子の姿を思わせることによります。
モクレン(モクレン科)
○モクレン(モクレン科)Magnolia quinquepeta
よく分枝して高さ3~5mになります。4~5月,葉の出る前に枝先に暗紫紅色の花を上向きに半開します。

参考図書:山渓カラー図鑑「日本の樹木」,山渓カラー図鑑「日本の野草」(山と渓谷社)

                  日本の野生植物(平凡社)

写真:宮内庁