展覧会概要

第43回
香淳皇后の御絵と画伯たち
平成19年3月27日~6月17日

画像 説明
香淳皇后の御絵と画伯たち

香淳皇后は,日本画家の高取稚成(1867~1935),川合玉堂(1873~1957),前田青邨(1885~1977)に日本画の指導を受けられ,多くの絵画作品を遺されました。高取画伯には,皇室に入られる前,久邇宮家にいらした折から指導を受けられ,特に大和絵の基礎的な技法を習得されたようです。川合画伯からは昭和10年代末頃から指導を受けられ,自然の描写について多くのことを学ばれたようです。さらに昭和34年からご指導に当たった前田画伯の率直な意見に基づいて,絵のバリエーションを広げていかれました。こうした香淳皇后の御絵について,多くの人が,気品の高さ,大らかさが自然と滲(にじ)み出ていると語っています。また,御自身が絵を創り上げることをとても楽しんでいらしたことは,様々な作品の中に感じられる温かさ,愛らしさからも看取できます。

今回の展覧会では,香淳皇后の御絵と共に,日頃お身の周りで親しまれた3人の師の作品や,これまで紹介されなかった他の画伯とのご親交の様子も紹介します。絵の創作を楽しまれた香淳皇后のお姿と共に,画伯らとの温かいやりとりの一端を,作品の数々を通して感じていただければ幸いです。


  • 「展覧会図録」をクリックすると,当該回の展覧会図録(PDFファイル)を閲覧できます。
  • 三の丸尚蔵館の展覧会図録(PDFファイル)中,作品名や作者,制作年などの表記は図録発行当時のものです。
  • 三の丸尚蔵館の展覧会図録(PDFファイル)では,著作権の保護期間に該当する当館収蔵品の図版,宮内庁他部局の図版,他機関収蔵品の図版が表示されません。
  • 三の丸尚蔵館の展覧会図録の著作権はすべて宮内庁に属し,本ファイルを改変,再配布するなどの行為は有償・無償を問わずできません。 
  • 三の丸尚蔵館の展覧会図録(PDFファイル)に掲載された文章や図版を利用する場合は,書籍と同様に出典を明記してください。また,図版を出版・放送・ウェブサイト・研究資料などに使用する場合は,「三の丸尚蔵館収蔵作品等の写真使用について」のとおり手続きを行ってください。なお,図版を営利目的の販売品や広告,また個人的な目的等で使用することはできません。