収蔵作品詳細

粘葉本和漢朗詠集(でっちょうぼんわかんろうえいしゅう)

画像 説明
粘葉本和漢朗詠集
伝藤原行成
2帖
平安時代(11世紀)
紙本墨書(唐紙) 各20.0×12.0
名称は装幀の粘葉装による。「権跡朗詠」ともいわれる。旧御物として三種の朗詠集が名高いが,本書はその第一。料紙は中国渡来の装飾紙・唐紙で,文字は楷書・行書・草書をまぜ,仮名を加える。明治11年(1878)近衛家献上。