主な式典におけるおことば(令和元年)

秋篠宮皇嗣妃殿下のおことば

第55回献血運動推進全国大会
令和元年7月11日(木)(石川県立音楽堂)

はじめに,このたびの九州南部を中心とした大雨により被災された方々へ心よりお見舞いを申し上げますとともに,亡くなられた方々に哀悼の意を表します。

本日,「第55回献血運動推進全国大会」が石川県で開催され,全国各地から参加された皆さまにお会いできましたことを,大変うれしく思います。

医療活動に欠くことのできない献血は,昨年,延べ471万人にご協力をいただき,血液製剤を必要とする人々のもとに大切に届けられ,役立てられました。献血運動に力を尽くしてこられた関係者に敬意を表しますとともに,献血にご理解とご協力をいただいた全国の皆さまに,深く感謝いたします。

近年,少子高齢化が進み,献血可能な年代の人口が減少している中,若い世代の献血への理解と積極的な参加が求められております。このため,たとえば,小・中学生や高校生に献血の大切さを知ってもらう「献血セミナー」や,新たに成人を迎える若者を中心に呼びかける「はたちの献血」キャンペーンなど,特に十代,二十代の献血者を増やすための活動に力を入れています。

先程は,石川県赤十字血液センターを訪れ,石川県学生献血推進委員会の活動を見せていただきました。「若い人の献血協力を増やすためには」というテーマでグループ討論をし,輸血を受けた人やその家族からの「感謝メッセージ」を活用したポスターを制作するなど,熱心に取り組む姿に接し,心強く思いました。こうした活動が実り多いものとなり,献血に対する社会全体の理解がさらに深まることを期待しております。

本大会を契機として,献血への協力がより一層進み,献血運動の輪がさらに広がっていくことを願い,大会に寄せる言葉といたします。