主な式典におけるおことば(平成28年)

皇太子殿下のおことば

国立オリンピック記念青少年総合センター開所50周年及び国立青少年教育振興機構発足10周年記念式典
平成28年1月15日(金)(国立オリンピック記念青少年総合センター)

国立オリンピック記念青少年総合センター開所50周年及び国立青少年教育振興機構発足10周年記念式典に,職員や青少年など関係者の皆さんと共に出席できることをうれしく思います。

国立オリンピック記念青少年総合センターは,これまでに5千数百万人に上る多くの青少年や青少年教育関係者などを受け入れ,青少年の健全な育成に大きな役割を果たしてきました。この50年間の長きにわたる関係者のたゆみない努力に対し,心から敬意を表します。

私自身,かつてこのオリンピックセンターの施設整備が全面的に完了したことを記念して開催された「全国青少年総合フェスティバル」の開会式に参加したことがあり,学習や交流,研修,スポーツ・文化など各種の活動を総合的に実施するための体制が整ったことを意義深く感じたことを思い出しました。

今後とも,このオリンピックセンターにおける活動を通じて,参加する青少年一人一人に,他人を思いやる心や感動する心などを始めとする豊かな人間性や協調性などが培われていくことを期待いたします。

近年の急激な社会変化の中で,日本の明日を担う青少年を育成する国立青少年教育振興機構には,大きな期待が寄せられているものと思います。開所50周年を迎えたオリンピックセンターが,我が国内外の多くの青少年に親しまれ,日本の中心的な青少年教育施設として,ますます発展していくことを願い,私の挨拶といたします。

修養団創立110周年記念大会
平成28年2月7日(日)(国立オリンピック記念青少年総合センター)

修養団創立110周年記念大会に,多くの関係者の皆さんと共に出席できることを,うれしく思います。

修養団は明治39年の創立以来,一貫して「愛と汗」の理念と実践により明るい社会を建設し,世界の福祉と平和に貢献することを目的に,心豊かな子供を育てる体験活動,ボランティア活動,講習会など各種の社会教育活動を展開して,社会に大きな貢献をしてきました。

創立以来110年,時代の変遷とともに社会教育活動をめぐる環境も大きく変化してきたことと思いますが,修養団の皆さんのたゆみない努力で幾多の困難を乗り越え,現在も活発に活動されていることに対し,深く敬意を表します。

これからも「愛と汗」の精神に基づいた「こんにちは! どうぞ! ありがとう! の幸せの種まき運動」が更に進み,一輪でも多くの幸せの花が咲き,明るく平和な世界が実現することを願い,大会に寄せる言葉といたします。