天皇陛下のご研究のご著書などについて

ご研究のお写真ご研究のお写真
天皇陛下のご研究

天皇陛下は,長年にわたり,ご公務の合間にハゼ類の分類のご研究をされています。日本魚類学会の会員として,昭和38年から現在までに28編の論文を同学会誌にご発表になっています。その他,「ハゼ科魚類の系統に重要と考えられる幾つかの形態上の特徴(英文)」(昭和60年,名誉総裁をお務めになった第二回太平洋・インド洋の魚類に関する国際研究会議で口頭でご発表(英語)になり,昭和61年,同会議報告書に掲載)「ミトコンドリア・チトクロームb遺伝子の分子系統学的解析に基づくハゼ類の進化的考察(英文)」(平成12年,秋篠宮殿下もお加わりの共同でご執筆),さらに「DNA分子と形態の解析に基づくハゼ科魚類,キヌバリとチャガラの太平洋側および日本海側の地域集団の進化(英文)」(平成20年,秋篠宮殿下もお加わりの共同でご執筆)「ハゼ科魚類,キヌバリとチャガラの核DNAとミトコンドリアDNAを用いた種分化の解析(英文)」(平成28年,秋篠宮殿下もお加わりの共同でご執筆)の4編の論文を併せて,32編の論文をご発表になっています。

これまでにご論文以外のご著書としては,以下のものがあります。「ハゼ科魚類の進化」(昭和59年,日本産魚類大図鑑の出版を記念し,発行者の要請により寄稿された和文小論),「日本産魚類大図鑑(図版,和文,英文の3冊組)のハゼ亜目魚類の項目(初版:昭和59年),同(第二版:昭和63年)を共同でご執筆,「日本の淡水魚ーその分布,変異,種分化をめぐってー」(昭和62年,単行本)のチチブ類の項目をご執筆,「日本産魚類検索-全種の同定-」のハゼ亜目魚類の項目(初版:平成5年),同(初版補訂第二刷:平成15年),「日本産魚類検索-全種の同定-」同(第二版:平成12年),同(第三版:平成25年),「Fishes of Japan with pictorial keys to the species, English edition」同(英語版:平成14年)をそれぞれ共同でご執筆になっています。

陛下は,魚類学のご研究の業績により,昭和55年にロンドン・リンネ協会の50名限定の外国会員となられました。なお,昭和61年に同協会の名誉会員となられたほか,オーストラリア博物館の名誉リサーチ・アソシエート,ロンドン動物学会の名誉会員,アルゼンチン自然科学研究所の永久名誉会員となっておられます。平成10年には,英国王立協会(ロイヤル・ソサエティ)から,科学の進歩に顕著な貢献のあった元首に贈られるチャールズ二世メダルを,初の受賞者としてお受けになりました。

陛下は,また,平成4年に米国の科学雑誌(サイエンス)が日本特集号を企画した際に,発行者の要請により,「日本の科学を育てた人々」(英文)をご寄稿になりました。平成19年には,ロンドン・リンネ協会で同協会主催のリンネ生誕300年記念行事において,「リンネと日本の分類学」と題する基調ご講演(英語)をなさいました。魚類学のご研究以外にも,国立科学博物館研究報告で「皇居におけるタヌキの食性とその季節変動」(平成20年),「皇居におけるタヌキの果実採食の長期変動 」(平成28年)の論文を共同でご執筆になっています。

ホームページに掲載のご論文は,アンダーラインのもの32編です。