職員採用

宮内庁三の丸尚蔵館学芸室研究職職員(写真)の採用について

募集人員 1名
採用後の職務 三の丸尚蔵館において,写真資料の調査研究・取り扱いの用務,歴史資料の画像及び情報を集約・保存することの用務にたずさわることを職務とする。
採用後の処遇 国家公務員・内閣府事務官・研究職
給与:学歴・経験等を考慮し,「一般職の職員の給与に関する法律」に基づき決定する。
(参考)大学院修士課程修了直後に採用された者の俸給月額(215,000円程度)
なお,上記の他条件に応じて諸手当が支給されます。
(注)この額は,令和元年10月1日現在の「一般職の給与に関する法律」の規定によるものです。
勤務時間 原則,午前8時30分から午後5時15分(土・日・祝日を除く)
勤務場所 東京都千代田区千代田1-1 宮内庁三の丸尚蔵館
応募資格 (以下の全条件を満たすこと)
1.大学又は大学院において,歴史学を専攻してその基礎的知識を有し,写真資料の調査研究と情報整理に意欲的に取り組める者で,大学院の修士課程修了(採用時点での修了見込みを含む。)もしくは同等の研究実績を有する者。
2.学芸員資格を有する者。(令和2年3月末日までの取得見込の者を含む。)
なお,以下に該当する者は応募できません。
(1)日本国籍を有しない者
(2)国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者
採用予定時期 令和2年1月1日
応募書類 (以下の全件を一括して提出すること)
1.履歴書(最近3か月以内に撮影した写真を貼付のこと)
2.大学卒業証明書又は大学院修了(もしくは修了見込)証明書及び成績証明書
3.学芸員資格取得証明書
4.応募資格の1に記す分野について,大学での卒業論文,大学院での修士論文,博士論文,あるいはこれに相当するものを1点以上3点以下。
 但し,卒業論文,修士論文又は博士論文のコピーを提出する場合は,内容を4,000字以内にまとめたものを添付すること。
5.主な研究実績(論文等で提出できる者は提出すること。また,作品調査等の関連実績について記すこと。)
6.志望理由について1,000字以内にまとめたもの。
7.推薦書を提出できる者は添付する。
書類送付先 〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
宮内庁長官官房用度課長補佐 相馬 あて
※必ず簡易書留とし,封筒の表に「学芸室研究職(写真)応募書類在中」と朱記して下さい。
なお,応募書類は返却いたしますので,返信先を明記した返信用の封筒(簡易書留送付時と同型と同額の郵便切手を貼付)を同封すること。
提出期限 令和元年12月17日(火)必着
選考方法 書類選考で的確と判断した者について,筆記試験,面接試験及び健康診断を行って採否を判断する。なお,書類選考は応募書類到着後随時行いますので,提出期限内でも募集を締め切ることもあります。
採否の通知 採用内定者には電話連絡する。また,不採用とする者には文書で通知するとともに応募書類を返却します。
照会先 〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
宮内庁長官官房用度課長補佐 相馬
電話 03-3213-1111(内線3291)
このページのトップへ