電子調達システム(政府電子調達(GEPS))利用開始について

宮内庁では,平成26年8月より電子調達システム(政府電子調達(GEPS))を利用した調達を順次開始いたします。
    電子調達システム利用対象案件については,入札公告等に明記させていただきますので,入札公告等をご参照ください。

また,宮内庁では,一部の調達案件について「内閣府電子入札・開札システム」を利用してまいりましたが,平成26年7月31日18時をもって「内閣府電子入札・開札システム」は運用を停止します。
    入札公告で「電子入札・開札システム」を利用する旨を記載している案件で入札日が平成26年8月1日以降のものについては,電子調達システムをご利用ください。

電子調達システム(政府電子調達(GEPS))とは

電子調達システムとは,総務省が運用し政府機関(府省等)が共同利用するシステムで,政府が行う「物品・役務」及び「一部の公共事業」に係る一連の調達手続をインターネット経由で電子的に行うことができるシステムです。総務省の運営するポータルサイト「政府電子調達(GEPS)(別ウインドウで開きます)」からご利用いただけます。