皇居東御苑花だより(平成25年6月7日)

平成25年6月7日
写真 説明
ハナショウブ(アヤメ科)
○ハナショウブ(アヤメ科)Iris
ノハナショウブの園芸種。水辺など湿った地に栽培する多年生草木,高さ60~80cm位で群生します。花色は,紅紫色の他,青紫,青,白,桃,黄色など様々あります。
アジサイ(ユキノシタ科)
○アジサイ(ユキノシタ科)Hydrangea macrophylla form.macrophylla
ガクアジサイの両性花がすべて装飾花に変わったもので,古くから栽培されています。高さ1.5mほどになります。6~7月に,枝先に直径約3~6cmの装飾花を球状につけます。淡い青紫色の花弁のように見えるのは萼片で,花弁はごく小さく,雄しべと雌しべともあります,結実はしません。
ガクアジサイ(ユキノシタ科)
○ガクアジサイ(ユキノシタ科)Hydrangea macrophylla from. normalis
暖地の海岸沿いに生えるほか,古くから園芸化されています。高さ2mほどになります。6~7月に,枝先に小形の両性花多数と装飾花をつけ,結実します。花の色は,淡紅色,淡青紫色,紫色,まれに白色など多様。
タイサンボク(モクレン科)
○タイサンボク(モクレン科)Magnolia grandiflora
北米中南部原産で,1873年に渡来しました。高さ10~20m,葉は長さ12~15cmの長楕円形の革質で特徴があります。5~6月,直径12~15cmの芳香のある白い花が咲きます。花弁は6個,まれに9~12個あります。
ナツツバキ(ツバキ科)
○ナツツバキ(ツバキ科)Stewartia pseudo-camellia
山地に生え,高さ10~20mになります。樹皮は帯黒赤褐色で薄くはがれます。6~7月,葉腋に直径5~6cmの白い花が開きます。
ヒメシャラ(ツバキ科)
○ヒメシャラ(ツバキ科)Stewartia monadelpha
山地に生え高さ15~20mになります。樹皮は淡赤褐色で薄くはがれます。6~8月,葉腋に直径約2cmの花が開きます。
モクゲンジ(ムクロジ科)
○モクゲンジ(ムクロジ科)Koelreuteria paniculata
高さ20mになり,枝先の大形の円錐花序に黄色の小さな花を多数つけます。本州の主に日本海側,朝鮮,中国に分布し,寺院によく植えられます。果実は袋状です。
ノリウツギ(ユキノシタ科)
○ノリウツギ(ユキノシタ科)Hydrangea paniculata
日当たりのよい山野に生え,高さ2~4mになります。7~8月,枝先に,小形で5弁の両性花多数とその周囲に直径1~5cmの白色,時に淡紅色の装飾花をつけます。枝を折ると,ノリ状の糸を引きます。
ナンテン(メギ科)
○ナンテン(メギ科)Nandina domestica
暖地の山地に野生もありますが,庭木としてよく植えられています。茎は叢生し,高さ約2mになります。5~6月,大形の円錐花序をだし,白い花を多数つけます。果実は球形で11~12月赤く熟し,せき止めの薬として利用されます。
ムラサキシキブ(クマツヅラ科)
○ムラサキシキブ(クマツヅラ科)Callicarpa japonica
山野に生え,高さ2~3mになります。6~7月,淡紫色の花を多数つけます。果実は直径3~4mmの球形で,きれいな紫色に熟し,秋も深まり,葉が落ちたあとも実は残ります。幹はまっすぐで強いので,道具の柄や杖などに用いられ,昔から親しまれてきました。
クチナシ(アカネ科)
○クチナシ(アカネ科)Gardenia jasminoides
暖地の常緑樹林のふちなどに生え,高さ1.5~3mになります。6~7月に,枝先に芳香のある白い花を1個ずつつけます。果実は長さ約2cmの楕円形で5~7個の綾があり,先に5~7個の細い萼片が残り,冬に黄赤色に熟します。熟した実はクロシンと呼ばれる色素を含み,染料,薬用,食品の着色料などに使われています。
キキョウ(キキョウ科)
○キキョウ(キキョウ科)Platycodon grandiflorum
日当たりのよい山地や野原などに生える50~100cmの多年草。花が美しいために昔からよく栽培されており,八重咲きや白花など園芸種も多いです。根は太くて黄白色をしており,多肉質で薬用とされます。7~9月に,青紫色で鐘形の花が咲きます。秋の七草の「朝貌(あさがお)」はキキョウのことだと言われています。秋の七草コーナーで見られます。 
ホタルブクロ(キキョウ科)
○ホタルブクロ(キキョウ科)Campanula punctata
各地の山野に普通に見られる多年草。6~7月,紅色または白色の花をつけます。チョウチンバナ,トッカンバナなど多くの呼び名で親しまれていますが,ホタルブクロの名もちょうちんの昔の呼び名「火垂る袋(ホタルブクロ)」によるといわれます。一般にはこの花のなかにホタルを入れて遊んだことから名づけられたとの説があります。

参考図書:山渓カラー図鑑「日本の樹木」,山渓カラー図鑑「日本の野草」(山と渓谷社)

                  日本の野生植物(平凡社)

写真:宮内庁