奈良国立博物館における『第69回 正倉院展』開催のお知らせ

『第69回 正倉院展』が,平成29年10月28日(土)から11月13日(月)まで,奈良国立博物館において開催されます。

正倉院事務所では,正倉院展に60件の宝物を出陳します。調度,遊戯具,服飾品,楽器,飲食具,仏具,文書など宝物全体が概観できるような構成となっており,聖武天皇御遺愛品を含む北倉の宝物からは 「玉尺八ぎょくのしゃくはち」や 「羊木﨟纈屏風ひつじきろうけちのびょうぶ」, 「八角鏡槃龍背はっかくきょうばんりゅうはい」などが出陳されます。

また,西アジアに起源を求めることができるハープの一種 「箜篌 漆槽くごうるしのそう」や鳥の頭をかたどった注口が特徴的な 「金銅水瓶こんどうのすいびょう」,濃緑の鉛ガラスで作られた 「緑瑠璃十二曲長坏みどりるりじゅうにきょくのながつき」など国際色豊かな宝物が出陳されます。

このほか,仏への献物に使用された,金銀泥による花鳥文が美しい 「碧地金銀絵箱へきじきんぎんえのはこ」,経巻のつつみである 「最勝王経帙さいしょうおうきょうのちつ」,日の吉凶や禁忌を示す具注暦を収めた 「正倉院古文書正集しょうそういんこもんじょせいしゅう 第8巻」などが展示されます。


   名称    『第69回 正倉院展』
   主催    奈良国立博物館
   会場    奈良国立博物館 東新館・西新館
       奈良市登大路町50(奈良公園内)
   電話 NTTハローダイヤル 050-5542-8600
   会期    平成29年10月28日(土)~11月13日(月)
   出陳宝物    玉尺八以下60件(初公開宝物11件)

詳細は奈良国立博物館ホームページまで(別ウインドウで開きます)