奈良国立博物館における『第67回 正倉院展』開催のお知らせ

『第67回 正倉院展』が,平成27年10月24日(土)から11月9日(月)まで,奈良国立博物館において開催されます。

正倉院事務所では,正倉院展に63件の宝物を出陳します。調度,服飾品,儀式具,楽器,飲食具,伎楽面,仏具,文書など宝物全体が概観できるような構成となっており,聖武天皇御遺愛品としては「七条色紬袈裟しちじょうかっしょくのつむぎのけさ」や「彫石横笛ちょうせきのおうてき」,「八角鏡平螺鈿背はっかくきょうへいらでんはい」などが出陳されます。このほかにも仏様への献納品が納められた「蘇芳地金銀絵箱すおうじきんぎんえのはこ」,僧侶が威儀をただすのに用いた「柿柄麈尾かきえのしゅび」や「漆柄麈尾うるしえのしゅび」,天平9年(737)豊後国正税帳の断簡を継いで一巻とした「正倉院古文書正集しょうそういんこもんじょせいしゅう 第42巻」などが展示されます。

   名称    『第67回 正倉院展』
   主催    奈良国立博物館
   会場    奈良国立博物館 東新館・西新館
       奈良市登大路町50(奈良公園内)
   電話 NTTハローダイヤル 050-5542-8600
   会期    平成27年10月24日(土)~11月9日(月)
   出陳宝物    七条色紬袈裟以下63件(初公開宝物12件)

詳細は奈良国立博物館ホームページまで(別ウインドウで開きます)