奈良国立博物館における天皇皇后両陛下傘寿記念『第66回 正倉院展』開催のお知らせ

天皇皇后両陛下傘寿記念『第66回 正倉院展』が,平成26年10月24日(金)から11月12日(水)まで,奈良国立博物館において開催されます。

正倉院事務所では,正倉院展に60件の宝物を出陳します。調度,服飾品,儀式具,楽器,武器・武具,伎楽面,収納具,染織品,文書など宝物全体が概観できるような構成となっており,聖武天皇御遺愛品としては「鳥毛立女屏風とりげりつじょのびょうぶ」や「紫檀木画挾軾したんもくがのきょうしょく」,「人勝残欠雑張じんしょうざんけつざっちょう」などが出陳されます。このほかにも聖武天皇が儀式で使用されたと考えられる「衲御礼履のうのごらいり」,仏様への献納品が納められた「密陀彩絵箱みつださいえのはこ」や「檳榔木画箱びんろうもくがのはこ」,円形の胴が特徴的な四絃の楽器「桑木阮咸くわのきのげんかん」,反りのない直刀である「黄金荘大刀おうごんかざりのたち」,一般には海獣葡萄鏡と呼ばれ白銅製で方形の「鳥獣花背方鏡ちょうじゅうかはいのほうきょう」,ペルシャからの舶来品であると考えられる水差しの「白瑠璃瓶はくるりのへい」などが展示されます。

   名称    天皇皇后両陛下傘寿記念『第66回 正倉院展』
   主催    奈良国立博物館
   会場    奈良国立博物館 東新館・西新館
       奈良市登大路町50(奈良公園内)
   電話 NTTハローダイヤル 050-5542-8600
   会期    平成26年10月24日(金)~11月12日(水)
   出陳宝物    鳥毛立女屏風以下60件(初公開宝物6件)

詳細は奈良国立博物館ホームページまで(別ウインドウで開きます)