展覧会概要

第2回
慶賀によせて
平成6年1月4日~2月20日

画像 説明
慶賀によせて

三の丸尚蔵館の開館記念第2回展「慶賀によせて」を開催いたします。

古くからわが国では,季節の移り変わりや人生の節目などに寄せて,ことあるごとに祝いごとを行い,その慶びを大切にしてきました。このような祝う気持ちが中国などから伝えられたさまざまな思想や風習と結びつくことで,日本の伝統的な祝いの文化がかたちづくられました。ことに奈良時代以降は,祝う気持ちを表現した和歌などの文学や美術作品が多く生みだされるようになります。また,鶴や亀,松竹梅をはじめ,鳳凰や蓬莱山などが吉祥のしるしとして,さまざまな文学,美術作品の主題とされていることは,あらためていうまでもないでしょう。さらに富士山を霊峰として尊び,めでたさの象徴とすることも,日本人の生活のなかではごくあたりまえのこととなっています。

本展では,新春にふさわしく,慶賀の意をあらわした書跡をはじめ,おめでたい主題を表現した絵画,工芸作品を当館の所蔵品のなかから選び,紹介いたします。