京都御所など

京都御所

紫宸殿
紫宸殿
(写真:宮内庁)

京都は,桓武天皇が都を遷(うつ)されて以来明治初期までの1千年あまりの間,天皇のお住まいのあったところです。

京都御所は,その古来の内裏の形態を今日に保存している由緒あるもので,現在の建物はおおむね安政2年(1855年)に造営されたものです。即位の儀式などを行った紫宸殿は,南庭(前庭)を回廊がめぐり,日華門,月華門,承明門などの門が開いています。紫宸殿の西北に清涼殿,東北に小御所があり,さらに御学問所・御常御殿などの御殿や,建礼門・宜秋門・建春門・清所門などの門があります。

京都大宮御所

京都大宮御所
京都大宮御所
(写真:宮内庁)

17世紀前期,後水尾天皇の中宮であった東福門院のために造営されたのに始まり,現在の御殿は慶応3年(1867年),英照皇太后(孝明天皇女御)のために造営されたものです。現在は,地方行幸啓の際のご宿泊所として使用されています。

仙洞御所

北池全景
北池全景
(写真:宮内庁)

17世紀前期,後水尾天皇が上皇となられた際に造営されました。京都大宮御所と敷地はつながっています。御殿は嘉永7年(1854年)に焼失したのを最後に再建されませんでしたが,庭園・茶室などが残っています。

桂離宮

書院全景
書院全景
(写真:宮内庁)

17世紀の初めから中頃までに,八条宮初代智仁親王と二代智忠親王によって造られたもので,日本庭園として最高の名園といわれています。

修学院離宮

修学院離宮上離宮
修学院離宮上離宮
(写真:宮内庁)

17世紀中頃,後水尾上皇によって造営されたもので,上・中・下の3つの離宮からなり,借景の手法を採り入れた庭園として,我が国を代表するものです。