宮殿各棟の概要

表御座所棟

天皇陛下が公的な事務をお執りになる所で,附属して侍従等の控室があります。

正殿棟

正殿松の間
新年祝賀の儀,信任状捧呈式,親任式,認証官任命式,勲章親授式,講書始の儀,歌会始の儀等の主要な儀式に使用されます。
正殿竹の間
ご会見,ご引見,その他の儀式・行事に使用されます。
正殿梅の間
皇后誕生日祝賀,皇后ご引見,その他の儀式・行事に使用されます。

千草の間,千鳥の間

参殿者の休所その他に使用されます。

豊明殿棟

豊明殿
宮中晩餐,天皇誕生日の宴会の儀,その他多人数の宴会の場に使用されます。
泉の間
小人数の休所として使用されます。

連翠

午餐,晩餐等小人数の宴会の場に使用されます(室のほぼ中央に可動式の間仕切り壁があり,北側(連翠北)と南側(連翠南)の二室に分けて使用できます)。

長和殿

春秋の間
レセプション,拝謁等多目的に使用されます。
松風の間
参殿者の休所その他に使用されます。
石橋の間
参殿者の休所その他に使用されます。
波の間
参殿者の休所その他に使用されます。
北の間
参殿者の休所その他に使用されます。
南溜・北溜
車寄に続くホールで,休所にも使用されます。北溜は拝謁にも使用され,記帳所があります。

庭園(中庭,東庭,南庭)

東庭は,新年・天皇誕生日の一般参賀の場として使用されます。その地下は,約120台の大型乗用車を収容する駐車場となっています。

中門,松の塔,長和殿軒下にある灯籠は,宮殿造営の際,国民の寄付によって作られたものです。