摂政

設置

摂政は,皇室典範の定めるところにより置く(憲法第5条)。

天皇が成年に達しないときは,摂政を置く。また,天皇が,精神・身体の重患か重大な事故により,国事行為をみずからすることができないときは,皇室会議の議により,摂政を置く(皇室典範第16条)。

順序

摂政は,次の順序により,成年に達した皇族が就任する(皇室典範第17条)。

  • 1 皇太子(皇太孫)
  • 2 親王・王
  • 3 皇后
  • 4 皇太后
  • 5 太皇太后
  • 6 内親王・女王

権能

摂政は,天皇の名でその国事行為を行う。この場合には,摂政は日本国憲法の定める国事行為のみを行い,国政に関する権能を有しない(憲法第5条)。

訴追の禁止

摂政は,その在任中,訴追されない。ただし,これがため,訴追の権利は,害されない(皇室典範第21条)。